講演

港南区防災講演会&防災トランプのワークショップが開かれました!

今日は港南区防災講演会が開催され、神奈川わかものシンクタンク代表の福本さんが講師を務めました。
神奈川わかものシンクタンクのメンバー数人も防災トランプのプレイリーダーとして駆けつけ、96名以上の方に参加していただきました。

まずは港南区長の齋藤貴子さんのあいさつで始まりました。

はじめは神戸市職員の上村さんの防災講演からスタート

阪神淡路大震災当時、消防の職員だった上村さんが実際に体験された震災前から震災直後、その当時の現場の様子を詳細にお伝えくださいました。

どこの家も倒壊し、救助したくても当時署内にいたのは4名。頭にけがを負いながらも救助しに出るが、火災が発生したら広がるのを防止するために消火を優先しなければならなかった心の葛藤の様子を話されていました。
みんなが救助を必要とする緊急時、なんとか対応していくのにご近所での助け合いは必須であるということを改めて感じる内容でした。

防災トランプについて福本さんの講演

12606911_956703754399212_2093387153_n_b
続いて14時からは福本さんより、防災トランプのプチ講演がありました。
普段は話しにくい防災をテーマに気軽にお話してもらうことができる「防災トランプ」を使った場づくりを行っている背景や効果を伝えました。
そして、いざという時に助け合えるのは自分かご近所さん、だから身近な人とぜひお話をしておいてくださいね!ということで体験会に移りました。

防災トランプの体験会

体験会ではそれぞれプレイリーダーが遊び方を伝えたり、一緒にお話をして回りました。
人数が多いため、はじめは1つのグループでデモンストレーションをおこない、その次にグループに分かれて体験してもらう形式で行いました。

〇防災193のデモンストレーション
12606749_956703774399210_914927365_n
12625803_956703784399209_1740127706_n

〇防災193をグループごとにやってもらいました。
12647621_956703787732542_1740707242_n

〇防災ババぬきのデモンストレーション
中村さんと福本さんの掛け合いが絶妙でした。
12647722_956704807732440_1816069077_n_b

〇防災ババ抜きをグループごとにやってもらいました。
12647621_956703787732542_1740707242_n

〇グループで話したことを全体へシェアしてもらいました。
12625839_956704811065773_1048649589_n

シェアされたお話は、数年前、ご自宅にオレオレ詐欺の電話がかかってきた時の話を詳細にはなしていただきました。
ご自身と奥様のやり取り、実際に怪しいと思って息子さんへ電話をかけたことで未然に振り込むことなく警察へ連絡できた話を聞き、勉強になりました。

15時ちょうどに終了、最後は港南消防署長の名取さんのお話で防災講演会は幕を閉じました。

ワークショップ後の記念撮影

最後に企画してくださった港南区の方と、福本さん、プレイリーダーのみんなで記念撮影をしました。
1922903_956704987732422_725339170_n

みなさま、貴重な機会をいただきどうもありがとうございました!!

横浜市港南区にて防災トランプのはじめて教室を開催します!

今日の講演をうけて、もっと遊び方を知りたい、誰かに紹介したいという声を参加後にいただきました。
とってもありがたいことです。

神奈川わかものシンクタンク主催で2月25日(木)の18:30~20:30、上大岡コミュニティハウスにて防災トランプのはじめて教室を開催します。

是非遊んでみたいという方、現在活動されていることに取り入れたいと思っている方などお越しいただけたら幸いです。

イベントの案内はこちらからご覧いただけます。

お知らせ!防災トランプのドキュメンタリーができました!

動画は下記のタイトルをクリックすると、再生されます。
「笑顔のある防災訓練~トランプから始まる地域防災~」
(制作 法政大学 神田さん)

是非一度ご覧ください。

 

鎌倉ロータリークラブ例会にて卓話を行いました。

2015年9月29日

理事の中村です。本日、代表理事の福本さんからの紹介で、鎌倉ロータリークラブ様からご依頼をいただき、例会にて「サイバーフォレストで感じる自然の移ろい」と題しての卓話を行ってきました。その内容を簡単に紹介したいと思います。

サイバーフォレストとは、普段なかなか行けない山奥の森林にカメラとマイクを設置し、インターネットを通してリアルタイム配信しつつ、それを長年にわたって全て記録し続ける、という研究プロジェクトです。現在、国内8箇所で配信と記録を行っていますが、今回の卓話では、長野県の志賀高原からインターネットを通して流れてくる“今”の音を聴いていただきました。(以下のリンクから、ぜひ聴いてみてください。どんな音が聞こえるでしょうか?)
http://mp3s.nc.u-tokyo.ac.jp/OTANOMO_CyberForest.mp3
卓話の際には、少しの鳥の鳴き声と風の音が聞こえてきました。賑やかではないものの、確かに自然が今この瞬間にも移ろいゆく様子を、音から感じ取ってもらえたかもしれません。

そして、サイバーフォレストは今だけでなく、過去にも遡れます。志賀高原の“今”の音に続けて、2013年6月6日の午前7時頃の録音を聴いていただきました。(以下のプレイヤーから再生できます。)

この頃は鳥たちの繁殖期なので、さえずりがとても賑やか。『自然の音がこんなに賑やかなものだとは思わなかった』という感想もいただけるなど、普段なかなか意識しない自然の移ろいを、音を通して感じていただけたようです。

私は普段、こういったサイバーフォレストのデータを教材化して、学校の授業などで実際に活用しています。今回の卓話では、その中から、埼玉県・秩父のサイバーフォレストデータを用いた『四季並べ替えクイズ』を少し体験していただきました。

AからHまで、全て同じ場所から撮影された8つの映像がありますが、季節の順がバラバラになっているので、風景と音を手がかりにして正しい順番に並べ替えるというものです。みなさん、要所要所でご自身の発見を言葉に出しながら映像を見てくださったので良かったです。(正解は、この投稿の一番下に書いておきますね。)

こうした教材の活用を通して私が目指すものは、地球温暖化などの50年・100年といった長い時間をかけて変化していくような環境問題について、今の小さな積み重ねが確かに影響を及ぼしていると、これからの世代を担う子どもたちに実感してもらうことです。現在、サイバーフォレストのデータは長い地点でも20~30年程度の蓄積しかありません。これでも既に他に類を見ないレベルではあるのですが、それでもまだまだ続けなければいけません。

終了後には、応援のお言葉を数多くかけていただきました。今後もきわめて地道な一歩一歩になりますが、鎌倉ロータリークラブのみなさまからいただいた激励を胸に、引き続き歩み続けたいと思います。

なお、全国8箇所のサイバーフォレストデータは、以下のサイトから自由に閲覧・利用いただけます。
http://cf4ee.nenv.k.u-tokyo.ac.jp/

 


※『四季並べ替えクイズ』の答え

A→F→E→B→C→G→D→H (順番が合っていれば最初はAでなくてもOK)

 

2015-09-29 | Posted in 講演No Comments »