活動報告

野庭住宅で出張防災トランプのはじめて教室が開催されました。

10月は淵野辺教室をお休みし、港南区の野庭住宅第5自治会集会所にて住民の方の防災訓練の一環として、代表の福本さんの講演と防災トランプの体験会が開かれ、プレイリーダーの岡も参加してきました。総勢50名近くのかたと一緒に、身近な危険のお話をしてきました。

まずは代表福本さんの防災講演から

IMG_7568[1]_sb
自治会向けの防災講演として、福本さんのおはなしスタート。

「自宅で防災訓練したことありますか?」

「いざという時に命を救えるのは自分とご近所さん」

みなさん頷きながら話を聞いてくれていたのが印象的でした。

防災トランプ体験会~防災193&防災ババ抜き~

防災トランプの体験会からは岡がバトンタッチ。

まずは1つのグループにご協力いただき、デモンストレーションを行いました。
IMG_7595_sb
プレイリーダーとして説明しながらも、指が骨折している状態での体験会。
たどたどしくトランプを切ったり配ったりしているうちにみなさんが手伝ってくれました。

まずは防災193、ルール説明をしてからみなさんでグループごとにやっていただきました。
IMG_7578[1]_sb
90歳を過ぎた女性も参加してくれましたが、なかなか素早く手をだして年下の方を圧倒していました。

続きて防災ババ抜きです。
ババ抜きは、知ってるよ!といいつつ始めると「久しぶりで忘れちゃったなぁ~」という声もちらほら。

こちらもデモンストレーション後に各グループに分かれて体験してもらいました。
IMG_7583[1]_sb

はじめは静かにはじまりましたが、だんだんこれまでに体験した危険な話で盛り上がりにぎやかになっていきました。
お話に夢中になり、なかなか先に進まないグループもあるほどでした。

話しているうちに、うちのお父さんは目が見えないから自分がいないときには何かあっても一人で避難できない。出かけるときはこれから声かけてでかけたりする必要がありそうという話になり、何人の方から「うちはいつもいるから声かけて」という話ができていました。

参加者からのおはなし、いろいろ

一通り防災トランプで遊んだあとは、各グループで話してくれたことをみんなで共有するための発表を行いました。

とある方はお父様が関東大震災を経験され、その当時の横浜の話を知っていた方が、震災後の横浜の様子について話してくれました。

また、野庭住宅ならではの、団地の特徴についても話をされ、5階に住んでいる方は常に風が強いから窓を開けられないこともあるという話になりました。

困った話がでたときに、みなさんから「うちではこうしている」「こうしたらどう?」と意見がでて一緒に相談できる場になっていたのが印象的でした。

一緒にお食事&懇親会

最後は自治会役員のみなさまとお話しながら、昼食をいただきました。
IMG_7593[1]_sb

防災トランプで遊んでいたときにはお話にでませんでしたが、懇親会で、ご自身が経験された伊勢湾台風のお話をしてくれた女性もいました。

目の前で人が流され、とても悲しい思いをしたと、貴重な当時の様子も語ってくれました。

こういった過去の災害から法整備が行なわれ、現在の防災や減災の取り組みに活かされてきた歴史の中に自分が生きているんだということを実感する日でした。

IMG_7591[1]_sb
おいしいお弁当、ごちそうさまでした。

野庭住宅自治会のみなさま、貴重な機会をどうもありがとうございました!

お知らせ!防災トランプのドキュメンタリーができました!

動画は下記のタイトルをクリックすると、再生されます。
「笑顔のある防災訓練~トランプから始まる地域防災~」
(制作 法政大学 神田さん)
******************************************
次回の防災トランプのはじめて教室は

   2015年11月08日 10:30~12:00
   キュリオステーション淵野辺店で開催します!

参加を希望される方は、メールにて info@futakoburakuda.org までご連絡ください。
ご参加お待ちしております。

~防災トランプのはじめて教室~
「自分の体験」が誰かにとってのこれからの防災になる。
「誰かの体験」が自分にとってのこれからの防災になる。
そんな防災話の交換をトランプしながらできちゃいます!
遊び方もいろいろ考案されて増えているのでときどきプレイしてもらって
防災に意識を向けるきっかけになれば幸いです。

防災トランプに興味を持たれた方いらっしゃいましたら是非お気軽にご連絡くださいませ!!

 

9月28日はたけのいま

2015年9月28日
今日は休日だったので、はたけ作業「のらのら」をしにいくことにしました。

まずはホームセンターで肥料を購入。
冬にむけて、堆肥25ℓを2袋。

いつもは苗は近くの苗センターで購入しますが、今日はお休みだったので同じくホームセンターで苗も購入。
ブロッコリーの苗を5つ、オレンジブロッコリーの苗なるものを1つ、キャベツの苗を3つ。

次回植えるように、人参とかぶの種も購入しました。

いざ、はたけへ…

生い茂っております(汗)

次の用事もあったため、与えられた時間は1時間。
考える間もなく、とにかく手を動かしていきます。

作業1:草ぬき
勝手に生えた草はひたすら抜いていきます。

勝手に生えたシソもこれまでは取っていましたが、寒くなってきて、葉っぱもシナシナ。
ということで、引っこ抜きます。

作業2:さつま芋の「つる返し」と「不定根の剪定」

現在のさつま芋は

 ワサワサと伸び放題なので、写真奥のように
「つる返し」と「不定根の剪定」をおこないました。

作業3:土へ堆肥入れ

まずは土に溝を掘り、そこの堆肥をいれていきます。
25ℓの袋をさかさまにして、1つの溝にいれていくのですが、これ、なかなかの重労働。
そして土とまぜながら畝を作っていきます。

作業4:マルチを張る

事前の畝をつくってあったところにマルチを張ります。
マルチとはビニールのこと。張ることで、土の湿度や温度が上がり、微生物も活発で健康な土になるほか、防虫や雑草が生えるのを抑えてくれる効果などがあるとのこと。(引用元は畑のご近所さん)

*今回は作業時間5分で張ったので、とっても雑になってしまいました。次回しっかり土入れなおします。

作業5:苗を植える


ブロッコリーとキャベツを同じ畝に植えてしまいました。時間がなかったとはいえ…。このあと、配置どうしよう…。

植え替え検討中です。植えた後はたっぷり水やり。

作業6:目についた野菜を収穫

目に入ったトマトやピーマンを採る。水ナスも採る。
作業時間はわずか3分!

その他:
畑のご近所さんから、ニラのおすそわけをいただきました。
「今の時期採れるものないけど。これくらいだけど。頑張ってね。」と。
いつもありがとうございます!!

さて、畑のアフターはどうなったかというと…

草取りきれず…まだきたないですね。

また近々いってきます!

**************************************************

シンクタンク農園には、常時収穫できるお野菜があります。
泥遊び、虫探しがてら、草むしりをしていただけると、お野菜のお持ち帰りができます。

ご興味ある方はinfo@futakoburakuda.org までお名前とお子様の年齢をお送りくださいませ。
(注 畑までの交通手段としてお車を推奨しております。)
担当 岡まで上記メールアドレスにご連絡お願いします。

 

第10回くらしのおやこ教室~竹などをつかった昔のあそぶをつくろう~を開催しました!

今回のくらしのおやこ教室は、竹などをつかった昔のあそびをつくろう!という、おもちゃ作りの企画を開催しました。

橋本のソレイユさがみのセミナールームに集まった、大人6名、子ども6名、計12名の参加者が集まりました。

みんな自己紹介!

まずは各自、お名前シールを作成します。

それからちょっと緊張する、自己紹介。
恥ずかしくなったご姉弟は、お互いを紹介してみました。

イベントのはじまり、はじまり…。

講師 池田 力さんからのおはなし

戦後すぐに生まれた池田さんは、当時、何もない中で子どもたちがどう遊んでいたのか、という話をしてくれました。

まずは今日のメインである、竹でできた笛「たけぼら(竹洞)」を披露してくれます。

「ボォーッ、ボォーッ」と、教室中にほら貝のような音が鳴り響きます。
すると、みなさんからは「おぉー」っという歓声が上がりました。

その後、写真をみながら、戦争で町や人はどうなったかを話してくれました。

子どもたちも、みんなで真剣に話を聞きました。

そして、紙や輪ゴム、ストローを使った様々なあそびの紹介です。

このころには、子どもたちも「やりたいー!やりたいー!」と盛り上がってきました。

おやこで一緒につくりましょ♪

ここからは、今日のメインの「竹ぼら」づくり。
池田先生から説明を聞いた後は、さっそく竹えらびから開始です。

大きい竹、細い竹、短い竹、長い竹。
いろんな竹の中から、ケンカすることもなく、子どもたちは自分たちの竹を見つけてきました。

竹を選んだら、家族ごとに竹ぼらにしるしをつけて、パパにドリルで穴をあけてもらいます。
パパが穴を空けている間、子ども達にはしっかり自分の竹を押さえてもらいます。


手はなしたら、ドリルが滑ってパパ怪我しちゃうかもしれないからね!
そう伝えたら子どもたちも飽きることなく、一生懸命押さえてくれます。

さて、穴が開いたら今度は仕上げのやすり掛けです。

3歳だって、やすりをつかって磨きます!



ママにも仕上げを手伝ってもらい、ついに完成!

「……ブォーッ」
鳴らすまでが難しいようですが、一回コツをつかんだら、いい音がでます。

姉弟そろって大演奏会。

この後、さらにみんなでストロー笛を作ったり、新聞紙を丸めて棒を作ったり、傘用のビニール袋でロケットを作ったり…
ティッシュの箱で空気砲もみせてもらいました。

参加者からの感想と発表会

最後は、みんなで折り紙に参加してみた感想を書いてもらいました。

その後、まるく輪になって、みんなでそれぞれの感想とつくったたけぼらを吹いて、できた「音」を発表しあいました。
いただいた感想の一部をご紹介します。

〇身近なものでも楽しいあそびが出来ることを知れたのは新しい発見になりました。なかなかこういった場がないのでとても楽しかったです。子ども達もうれしそうだったので貴重な体験ができてよかったです。(パパさん)

〇竹笛はうまく鳴らせなかったけど、ストロー笛は音が出せて嬉しかったです。おもしろい音で、作って楽しい!音が出た時に嬉しい!出た音がおもしろい!の3拍子そろったおもちゃでした(*^▽^*)(ママさん)

〇今日は楽しかったです。音を出すのが、意外と難しく、子ども達のほうがのみこみが早く、上手にふけていました。様々なあそびができて、とても楽しめました。ありがとうございました。(ママさん)

〇仕事と原稿のしめきりが近く、出席を迷いましたが、参加してよかったです。家族でコミュニケーションを取る方法は言葉だけじゃなく、ものをつくったり、音を出したり、ふうせんとばして一緒に追いかけたりと、様々な方法があるんだなと改めて実感しました。(パパさん)

〇ぼくは、たけ笛をしてなかなかならせられなかったけど最後ならせたのでとても楽しかったです。みんなでふき合ってとても楽しく過ごせました。また笛を作りたいです。また次やるときは参加したいです。次やるときが楽しみです。(小5)

〇竹ぶえとストローのふえをならすのが難しかったです(小2)

〇たのしかった(‘ω’)(小1)

〇ならしたところがたのしかったです(幼稚園年長)

〇きようたのしかつたおとならしてたのしかった(幼稚園年中)

〇たのしそうな絵をかいてくれました(幼稚園年少)

くらしのおやこ教室で大事にしていること

「くらしのおやこ教室」では、大事にしていること、(ポリシーとでもいうのでしょうか)がたくさんあります。
今日はそのうちの基本3つをご紹介します。

〇おやこ一緒にやってみる
 親子が一緒に作業する機会を大事にしています。おこさんだけでもなく、親だけでもなく、「おやこ一緒に」です。一緒にやることで、普段とは違ったコミュニケーションを楽しんでもらい、新たな視点でお互いを見つめなおす機会を設けています。

〇みんなの前で、おもったことや感じた事、作品の発表をする
 教室の最後は、参加者の発表で終わるようにしています。感想やつくった作品の発表などを通して、学校とは異なった場で、正解のない自由な発表をしながら、地域の人から認められる感覚を培っていく機会をつくっています。

〇みんなで待つ
 人前に出ると、大人も子どもも緊張します。とくに初対面の人とのかかわりや、みんなの前で話すことは誰でも緊張します。だから、「はやくしなさい」はNGワードです。発表できた「達成感」と認められた「安心感」を味わってもらうために、みんなで焦らずじっくり待つ時間を大事にしています。

参加してくれたみなさま、講師の池田さん、今日はありがとうございました!!

次回以降のくらしのおやこ教室は、11月開催予定です。
日程が決まり次第、くらしのおやこ教室ページにて情報をアップします。

*************************************

☆くらしのおやこ教室☆

くらしのおやこ教室ではおやこが一緒に体験できて、くらしに役立つ情報を得られながら
参加者同士が交流できるさまざまな親子教室を開催しています。

〇普段の生活で困っていることや開催してもらいたいテーマがある方、

〇本業や趣味でやっていることを役立てて講師をやってみたい方など

どうぞ気軽にメールにてお声掛けください!

連絡先はinfo@futakoburakuda.org 担当 岡 宛にお願いいたします♪

 

第50回親子向け防災トランプのはじめて教室が開催されました。

今回は、大人5名、子ども5名の計10名の参加者で防災トランプを使って遊び、話した内容からおこさまは「えほんばなし」をつくりました。

みんなで防災193と防災ババ抜き

はじめは自己紹介。この日は群馬県からの参加者も!

大人も子どもも一緒に、みんなで防災193からスタートです!

防災193中、お誕生日にかっこいい車の乗りものを買ってもらったお話をしてくれている様子です。家族のお話もみんなに共有してくれました。
IMG_7171_sb
防災ババ抜きもやりました。
IMG_7176_sb

普段はあんまり話さない学校のこともお父さんに話してくれています。
IMG_7173_sb

大雨の話

この日は、みんなで9月9日、10日に体験した大雨のお話をしました。常総市で鬼怒川の堤防が決壊した災害をテレビで見ていた子どもたち。学校の行きかえりや家からみた外の風景など感じたことをお話してくれました。

また大人も各自がそのとき体験したお話をしてお互いがどう過ごしたのか、どんなことができたのかを確認し合いました。

防災トランプ開発者の福本さんは、なんとあの雨の中、栃木県の日光市にいて、冠水した道路をくぐり帰ってきたのだとか。
(詳細のお話は コツコツ防災Webにて配信中です)

その話を聞いた子どもたちからも、「〇〇が怖かった」と自分の話がよくでてきました。

えほんばなしの作成、そして発表

最後はお話したことをえほんばなしにまとめて発表してくれました。

小学1年生は台風の中、友だちのお母さんがお迎えに来てくれたお話をしてくれました。
IMG_7177_sbIMG_7179_sbIMG_7182_sb
発表するのはちょっと恥ずかしいよね。でもみんな頑張ってくれました。

3歳の男の子は絵をかいて、みんなにみせてくれました。
IMG_7183_sbIMG_7185_sb

とっても大切な発表の場

防災トランプのはじめて教室淵野辺教室では、お子さんにも最後は必ずみんなの前で発表をしてもらっています。大人でも人前で発表するのは大変なことです。でもお子さんがじぶんが考えたこと、体験したこと、そして作ったものを自分の親や地域に人に認めてもらう場、機会を作り、学校のように決まった答えも求められず、ただただ自由に思ったことをそのまま認めてもらう経験をしてもらっています。回を重ね、慣れてきた子どもは自分から大人に相談できるようになり、お話を聞いてもらうのを楽しみにしているようです。

発表のときに、特別なルールが3つあります。
①みんなでお話を聞きます。
②話せる気持ちの準備ができるまで、じっと待ちます(「早くしなさい」はNGワード)。
①発表するのは何でもいいので、大人も子どもも発表します。

特に③は、作ったえほんばなしや感想、描いた絵についてでなくてもOKです。
よく、集まった子ども同士で防災トランプ以外のおもちゃやゲームで遊びだすこともあります。
この場では、とにかく地域の子どもたちが集まり、一緒に大人と同じ空間で何かを共有することを大切にしています。
なので、誰とどんな遊びをして、どう思ったかを話してもらいます。

普段の何気ないやりとりや気持ちをみんなで共有することで、大切な思い出になってれたらいいな、そんな思いが込められています。

参加していただいた皆様、ありがとうございました!!

お知らせ!防災トランプのドキュメンタリーができました!

動画は下記のタイトルをクリックすると、再生されます。
「笑顔のある防災訓練~トランプから始まる地域防災~」
(制作 法政大学 神田さん)
******************************************
次回の防災トランプのはじめて教室は

   2015年11月08日 10:30~12:00
   キュリオステーション淵野辺店で開催します!

参加を希望される方は、メールにて info@futakoburakuda.org までご連絡ください。
ご参加お待ちしております。

~防災トランプのはじめて教室~
「自分の体験」が誰かにとってのこれからの防災になる。
「誰かの体験」が自分にとってのこれからの防災になる。
そんな防災話の交換をトランプしながらできちゃいます!
遊び方もいろいろ考案されて増えているのでときどきプレイしてもらって
防災に意識を向けるきっかけになれば幸いです。

防災トランプに興味を持たれた方いらっしゃいましたら是非お気軽にご連絡くださいませ!!

 

片瀬しおさいセンターで藤沢市の小学生対象に防災トランプの体験会が開催されました!

今日は、片瀬しおさいセンターで藤沢市の小学生30人と防災トランプの体験会を行ってきました。

これは藤沢市が企画する夏休みふれあい事業の一環で、「夏休み☆おもしろ塾」が2日間開催され、その1日目に「たのしい防災ゲームで遊ぼう」という企画。神奈川わかものシンクタンクから福本さんと岡が講師として体験会を行ってきました。

今回は、ステップアップ学習会さんという、2010年にキララ賞を受賞(代表福本さんと岡もそれぞれ受賞)した方のつながりで実現しました。

まずはご挨拶と注意事項の確認!

まずは自己紹介から始まります。
そして、今日は何をするのかな?という話をともに、注意事項を一緒に確認していきます。
〇人がお話するときは、しっかり聞いてください。
〇誰かがしたお話を、それは違うよ、ダメだよと否定しないでください。
〇楽しく遊ぶために、喧嘩はしないでください。まずは話を聞いてみてください。
などを一緒に確認しました。

防災High&Lowからスタートです!

今回は、全員一緒に防災High&Lowをやってみました。
High&Lowは、手札から1枚カードをめくるところから始まります。続いて、次の手札にあるカードの数字が、めくられているカードの数字よりも大きいか小さいかを当てていきます。今回、子ども達にはマットを2つ用意し、右のマットには次の数のほうが大きいと思う人、左のマットには次の数のほうが小さいと思う人に乗ってもらい、移動をする楽しさも工夫してみました。答えがでたら、次のターン。次のカードに行く前に、防災トランプに書かれているお題についてみんなでお話してもらうのが、防災High&Lowのゲームです。

はじめは「話せる人?!」と聞き、手を挙げている子をさして答えてもらいました。
徐々になれてくると、手を挙げなくても答えたそうにしている子も出てきました。
そこで、手を挙げてない子にも、聞いてみるとどんどんお話が出てきます。

みんなが話したいモードになったところで、グループに分かれて防災ババ抜きに移りました。

防災ババ抜きもやってみます

IMG_7030_sb
1グループ4~5人の子どもに分かれたところに、ボランティアとして参加していただいた地域の方にも1名ずつ入っていただきました。

防災ババ抜きでは、取ってきたカードの数字が手持ちのカードとそろい、場に捨てる際、2枚のカードどちらかにオレンジ色の「リスクマーク」がはいっていたらお話チャンスです!!どちらかのカードのお題について話ができると、次に自分の手持ちカードを引いてもらうときに、2枚引いてもらえる!のが防災ババ抜きのルールです。

IMG_7032_sb
お題になんてかいてあるかな?みんなで一緒によんでくれています。

IMG_7028_sb
この日の体験会には、片瀬小学校に通っている子どもが多くきてくれていました。日頃海と接しているからでしょう、「離岸流」というむずかしい現象のはなしも出ていました。

「えほんうちわ」で思い出づくり

防災トランプで遊んだあとは、話してくれた内容、または思いついたお話からえほんばなしをつくり、それをうちわに張り付ける、「うちわえほん」を作成しました。

IMG_7037_sb
「何はなしたっけー?」「どうやって書こうかな」と相談しながら描く子もいれば、みんなから背をむけて自分の世界に入り込んで描いている子もいました。

IMG_7039_sb

出来上がったえほんうちわをもって、それぞれみんなの前で発表する時間もつくりました。

贈呈式

最後は、講師の福本さんから認定証の贈呈式がありました。

それぞれ2時間の学習会を終えた認定証をもらい、帰宅となりました。

おうちに帰ってから、作ったうちわと認定証をきっかけに、家族で防災ばなしができるきっかけになってくれれば…と祈っています。

参加してくれたみなさま、藤沢市さま、ステップアップ学習会さま、どうもありがとうございました!!

お知らせ!防災トランプのドキュメンタリーができました!

動画は下記のタイトルをクリックすると、再生されます。
「笑顔のある防災訓練~トランプから始まる地域防災~」
(制作 法政大学 神田さん)
******************************************
次回の防災トランプのはじめて教室は

   2015年9月13日 10:30~12:00
   キュリオステーション淵野辺店で開催します!

参加を希望される方は、メールにて info@futakoburakuda.org までご連絡ください。
ご参加お待ちしております。

~防災トランプのはじめて教室~
「自分の体験」が誰かにとってのこれからの防災になる。
「誰かの体験」が自分にとってのこれからの防災になる。
そんな防災話の交換をトランプしながらできちゃいます!
遊び方もいろいろ考案されて増えているのでときどきプレイしてもらって
防災に意識を向けるきっかけになれば幸いです。

防災トランプに興味を持たれた方いらっしゃいましたら是非お気軽にご連絡くださいませ!!

 

第48回親子向け防災トランプのはじめて教室を開催しました!

今回は、大人7名、子ども6名、高校生1名の計14名の参加者で防災トランプを使って遊び、話した内容から「うちわえほん」をつくりました。

自己紹介をしたら、みんなで防災193

まずは大人も子どもも一緒に防災193をやってみました。
早いもの勝ちの193をやると、「キャー」「はやーい!」と決まってにぎやかな声が響きます。
写真 2015-08-09 10 48 14_sb

負けてしまった人は、防災トランプのお題を読んで、お題についてどんな危険があるかや自分がどう困るか、困ったことがあるかをお話できると、取るはずだった手札を半分戻せるのが防災193のルールです。

大人数で…防災ババ抜き

いつもは少人数のグループに分かれて遊んでいる、防災ババ抜きですが、今回はみんなでやってみました。

写真 2015-08-09 11 17 32_sb
人数が多いとなかなかカードが回らず終わりにくいのですが…みんなで話ながらできたので、やりとりが思った以上に楽しかったのが印象的でした。

みんなで話した防災ストーリー

いくつかの防災ストーリーをご紹介します

・お題「不規則な生活が続き、きちんと眠れていない」
 
 3日くらい、TVに夢中になって夜更かししていたら、朝起きてのどが痛くて、風邪ひきました。
 いやな思いしたことあります。

・お題「学校や職場などよくいる場所にいるときに強いゆれが起こった」

 東日本大震災、3月11日h家にいたんですけど、職場の病院のエレベーターが止まってしまったらしく、2~3回の利用者さんが外に出れないことがありました。余震に備え、外にですのに、男の人が車いすを抱えて階段をおりたそうです。当時電力が止まり、発電機もなかったので困りました。

・お題「雪が降り積もり、吹雪いている」
 
 数年前、雪がすごかったときに車がつかえなかったんですよ。カーポートがつぶれてしまった。そして雪かきが大変でした。

・お題「外にいるときに大雨が降り始めた」

 ありさんつぶすと、あめふるよ(3歳男の子)

いろんなうちわえほんができました!

そして、Welcomeボードならぬ、防災トランプボードも…
写真 2015-08-09 12 45 48_sb

参加していただいた皆様、ありがとうございました!!

お知らせ!防災トランプのドキュメンタリーができました!

動画は下記のタイトルをクリックすると、再生されます。
「笑顔のある防災訓練~トランプから始まる地域防災~」
(制作 法政大学 神田さん)
******************************************
次回の防災トランプのはじめて教室は

   2015年9月13日 10:30~12:00
   キュリオステーション淵野辺店で開催します!

参加を希望される方は、メールにて info@futakoburakuda.org までご連絡ください。
ご参加お待ちしております。

~防災トランプのはじめて教室~
「自分の体験」が誰かにとってのこれからの防災になる。
「誰かの体験」が自分にとってのこれからの防災になる。
そんな防災話の交換をトランプしながらできちゃいます!
遊び方もいろいろ考案されて増えているのでときどきプレイしてもらって
防災に意識を向けるきっかけになれば幸いです。

防災トランプに興味を持たれた方いらっしゃいましたら是非お気軽にご連絡くださいませ!!